お役立ち情報

安心快適住宅 リフォーム支援事業

リフォーム支援事業概要

目的

住宅の長寿命化、質の向上と併せて地域経済の活性化、雇用の安定化を図るため

概要
  • 鹿児島市民が市内の施工業者を利用して、個人住宅のリフォームを行う場合に、その経費の一部を鹿児島市が補助します。
  • 対象となる工事が20万円以上の場合、その対象工事費の10~20%が補助金として支援されます。
  • 予算は2億800万円です。
    前回は3億円の予定でしたが2日で、予算に到達してしまいました。
    今回も多数の応募が予想されますので、事前審査等を含めご計画はお早めに!
  • 前年度との違い!

    項目 日程
    25年度予算 3億円
    総件数 2476件
    当社件数 50件
    26年度 2億800万円(1700件程度)

補助対象

補助対象者
  1. 鹿児島市内に居住し、住民登録または外国人登録を有する人
  2. 市税を滞納していない人
補助対象住宅

補助対象者が所有し、現に自ら居住している住宅(※賃貸住宅は対象外)

  • 分譲マンション等の場合は自己専有部分
  • 店舗等との併用住宅は個人住宅部分
  • 住宅と併せて行う車庫・倉庫の回収
補助対象住宅
  1. 鹿児島市に本社がある法人、鹿児島市に住んでいる個人業者が施工すること
  2. 補助対象経費が20万円以上の工事であること
  3. 期限内に工事が完了すること(完了期限:平成27年1月31日)
その他工事の要件
  • 他の住宅関連助成制度と工事内容が重複していないこと
  • 平成24年度本事業でリフォーム内容・部位が重複していないこと
    (部位が異なれば、2度目の利用は可能です。)

補助内容

一般世帯支援リフォーム

対象:全ての世帯

部屋の増築や屋根・外壁の改修、内装改修など20万円以上の工事

子育て世帯支援リフォーム

対象:高校生以下の子供と同居している世帯

増築、間取り変更、内装改修などの20万円以上の工事

高齢者等世帯支援リフォーム

対象:高齢者又は障害者が居住している世帯

増築、内装改修、バリアフリー改修などの20万円以上の工事

子育て・高齢者等世帯
  • 外壁、屋根の塗装や基礎、柱等の工事は一般世帯区分となります。
車庫・倉庫の工事について
  • 外壁、屋根の塗装や基礎、柱等の工事は、一般世帯区分となります。
  • 住宅のリフォーム工事に併せてのみ利用できます。
    (車庫・倉庫の改修工事のみでは申請ができません。)

一般世帯支援リフォーム

増築、間取りの変更

改修に伴う増築(居室等)
台所の改修、模様替えなど

屋根、外壁等の改修

外壁の塗り替え・改修、瓦などの葺替え
防水工事

床、壁、天井などの改修

床、壁紙の張替、屋内の段差解消、フローリング化
廊下や階段の拡幅、ホームエレベーターの設置など

台所、トイレ、浴室等の改修

便座、浴槽などの取替

基礎、柱、壁など耐震補強

柱や壁の耐震補強
耐震改修補助とならない評点1.0以上の建物

車庫、倉庫の改修

住宅と併せて行うもの(住宅と同一敷地内)

その他

市長が適当と認める工事(住宅の長寿命化など良好な住宅ストック形成につながる工事)

子育て世帯支援リフォーム

増築、間取りの変更

子供部屋の増築
部屋の分割、合体、減築など

床、壁、天井等の改修

床の張替
壁、天井の模様替え

台所、トイレ、浴室等の改修

便座、浴槽、流し等の取替、その他付帯工事

その他

市長が適当と認める工事
(安心して子育てできる環境整備のために必要だと認められる工事)

高齢者等世帯支援リフォーム

増築、間取りの変更

高齢者等の居室等の増築
部屋の分割、合体、減築など

床、壁、天井などの改修

高齢者等の居室等の増築
部屋の分割、合体、減築など

バリアフリー改修

廊下や階段の拡幅、洗面・トイレなどの改修
屋内の段差解消、玄関のスロープ化、階段昇降機・ホームエレベーターの設置など

その他

市長が適当と認める工事(高齢者や障害者の自立した日常生活を支援するために必要と認める工事)

対象外工事

一般

補助金交付決定前に着手した工事、新築・改築、車庫・倉庫等、解体工事

家電・設備

エアコン、照明器具、家具等、電化製品の購入や設備、設備機器の取替

屋外

下水道接続工事、門扉・ブロック塀等の外構関係

メディア

電話・インターネット等の配線工事、テレビアンテナ等の設置

衛生

庭木の選定・植栽工事、防腐・防蟻・白蟻駆除のみ、ハウスクリーニングのみ、排水管清掃

その他

市長が不適当と認める工事

補償工事

公共工事の施工に伴う補償工事

既存制度

既存の住宅関連補助制度を利用している工事

補助手続きの流れ

1.申請

受付日に必要な書類を提出します。

  • 申請書
  • リフォーム事業計画書
  • 同意書
  • 図面、施工前写真、付近見取り図
2.交付決定通知

鹿児島市から補助金等交付決定通知書が郵送されます。

3.工事着手

工事に入ります。(※通知書が届いてから着手します。)

4.実績報告

工事完了後、必要な書類を提出します。

5.実績報告

工事完了後、必要な書類を提出します。

  • 実績報告書
  • 施工中、施工後の写真
  • 工事にかかる契約書、領収書の写し
5.現場調査

市役所職員により現場調査が行われます。

6.交付確定通知

鹿児島市から、交付確定通知書が郵送されます。

7.請求・支払い

請求書を提出後、申請者の指定口座へ入金されます。

  • 請求書
  • 補助金振込先の通帳の写し

 

※申請から通知まで約2~3週間
実績報告から入金まで約1ヶ月、必要とします。

※補助金は償還払い(払い戻し)となります。

代理申請について

申請を行うお客様に代わって業者が事前審査や受付等を行うことができます。

  • 必要書類を全てまとめて受付前に市役所に確認にいくことができます。
  • 受付は先着順になりますので、当日順番を待つことはありません。

  • 受付前、お客様に書いていただく箇所や書類に不備があった場合、訂正していただくため、何度か伺うことがあります。