宮古島での塗料の暴露試験

塗料の本当の耐久性を知るために行っています

宮古島での塗料の暴露試験

有限会社西谷工業は株式会社日本塗装名人社を通じて、宮古島で一部の塗料の暴露試験で性能や品質を試験に参加しています。

一般財団法人日本ウエザリングテストセンターさまの宮古島暴露試験場にて、塗料の塗り板を用意し耐久性を試験しています。

なぜ?宮古島でと思われるかもしれませんね。

紫外線や塩害などにさらされやすく一般的な環境の3倍で劣化が進みます。

宮古島での3~4年が本州での10年間の環境に匹敵します。

塗料メーカーのカタログの数値を鵜呑みにせず、実際の劣化状況などを確かめています。

年に1~2回ほど現地に訪れて目で見て触れて確かめることで経験となりますのでお客様に自信をもって塗料をおすすめすることができます。

外壁や屋根を塗り替えてキレイになったではなく、数年後もよい状態を保つことが何よりもお客様からの信頼に答えることだと思っています。

宮古島での塗料の暴露試験 その2

お客様の地域の環境やご要望やご予算にちょうどよい塗料をおすすめすることができます。

弊社で塗装工事をしましたお客様の声や施工事例などもあわせてご確認ください